1. 企業情報

  2. 会社概要

  3. 事業紹介

  4. 企業理念

  5. 会社沿革

きれいにする

ステンレスシンクの魅力は「何度でも輝きが蘇る」ということ。磨き方はこちら♪

知ってて損はない「ステンレスシンクの魅力は何度でも輝きが蘇るということ。磨き方はこちら♪」という情報です。

道具はパッドと呼ばれる「スポンジ製のやすり」を使います。
「500番~600番」と「800番~1000番」と「1500番以上」の3種類あると良いです。
今回は3Mの赤・青・緑で施工していますが、パッドは種類が豊富ですので600番・1000番・1500番というように目の数字で購入しましょう。
3枚購入しても1,000円位です。
方法は単純明快「水をかけながらひたすらやすりをかけ続ける」のみです。

磨き上げる前に、ステンレスシンク全体の汚れをジフなどで落とします。
それでは最初に「500番~600番」のスポンジ製のやすりで水をかけながら全体をこすっていきます。

水をかけてこすっていくと分かりますがこすった箇所の水が黒く変わります。
ポイントは「黒く変わる水が全く出なくなるまで」ひたすらこすり続けるのです。

次に「800番~1000番」のスポンジ製のやすりで同様に水をかけながら全体をこすっていきます。

こすっていくと同じようにこすった箇所の水が黒く変わります。
この辺りで黒い水との戦いに途方に暮れそうになるのですが、輝きに違いが出ていることに気が付きます。
ポイントは同様に「黒く変わる水が全く出なくなるまで」ひたすらこすり続けるのです。

そして最後に「1500番以上」のスポンジ製のやすりで同様に水をかけながら全体をこすっていきます。
ポイントは何度も言っておりますが同様に「黒く変わる水が全く出なくなるまで」ひたすらこすり続けるのみです。

そして以下の通り各3工程を並べると違いがはっきり分かります。

1回目終了後 2回目終了後 3回目終了後

いかがでしょうか?
今までの努力が全て報われるような輝きです。
それではもう一度施行前との比較です。

施行前
施工後

どうでしょう?
ステンレスシンクが新品並の輝きになりました。
ちなみに今回施工したシンクはまだ3年しか経過しておりません。

最近のステンレスシンクは傷が目立ちにくいように加工が施されているのですが、それでも2~3年程で小傷が出てきます。
傷が目立ちにくいと同時にシンク全体がくすんで見えるのです。
加工を維持しつつ小傷を消す方法はございませんが、磨き上げる方法なら、小傷が目立ちにくく輝きます。
ただし、メーカー等の保証が効かなくなることも考えられますので磨き上げる前にご家族に相談しましょう。

また当然、中古住宅でも汚れが気になるものでもステンレスシンクであればピカピカになります。
キッチンはわざわざ新品を入れなくても既存のものを新品並に蘇らせることは可能です。
調理台と扉・棚板とシンクだけなので・・・。

以上、少しでも参考になればと思います。

1

2

関連記事