苦戦工事の完了

本日、苦戦していた工事が完了致しました。
その工事は何かと申しますと、畳室をフローリング室に変更する工事なのですが・・・。

予算の関係上、断熱材の代わりに既存畳を使い、畳の厚みを調整して、捨て貼りをして、フローリングを貼るという工事。

最近は多いらしいですが、これだけで安く出来ます。
何が苦戦したかと言いますと、畳の厚み調整の為の既存畳のバラシ。

「最近の畳」は軽く、中にスタイロフォーム(断熱材)が入っているのですが、今回の既存畳は全て稲藁。
施主様に工法を確認し手作業でバラシをして、捨て貼りの根太の隙間に「畳床のみ」を入れていきます。
本来のやり方とは全く違うので埃と稲藁に悪戦苦闘しながら9帖分の畳の解体を終え、フローリングが無事貼り終えました。

ビフォー

アフター

捨て貼りの中身

こんな感じで畳床が入っています。
施主様も喜んで頂きました。

関連情報