会社経営者・自営業の方は無担保住宅ローンも検討しては?

会社経営者・自営業の方は
無担保住宅ローンも検討しては?

※画像は西中国信用金庫の商品ですが金利等変更されていますので直接確認してください。

知ってて損はない「会社経営者・自営業の方は無担保住宅ローンも検討しては?」という情報です。

住宅ローンを検討される際、変動金利にするか固定金利にするか借入期間なども迷われると思います。
月々の支払とボーナス時の支払の割振りをどうするかも悩みますが、今回は若干マニアックというか少し違う角度から住宅ローンを活用する方法の話です。

皆様は「無担保住宅ローン」をご存知でしょうか?
金利が少し高く、借入期間も少し短いという住宅ローン商品です。

「金利が高くて期間が短い住宅ローンなんて誰が利用するの?」と思われるでしょうが、ある特定の方には抜群の魅力を持つ住宅ローンなのです。
それは「会社経営者」「自営業の方」または「将来会社を辞めて独立を考えている方」

この住宅ローン商品はその名の通り「無担保」です。
「無担保」とは銀行から借入した住宅ローンの抵当権が購入した不動産に一切付かないという意味ですが、付かないことがとても大きいのです。
ある特定の方には抜群の魅力と言いましたが、抵当権の付いていない不動産は、保険にもなり財産になるのです。

通常の担保付き住宅ローンを借入した場合、銀行から抵当権が付けられます。
例えば、1,000万円の土地を購入して2,000万円の一戸建てを新築するために3,000万円借入した場合に、土地と建物に3,000万円の抵当権が付けられます。
ローンは当然減っていきますし、建物には耐用年数があり徐々に価値が少なくなっていくものですが、分かりやすくザックリと説明しますと、担保評価としては1,000万円の土地の価値に対して3,000万円の担保提供をしており、マイナスの状況になっているのです。

では、1,500万円の中古住宅の購入と500万円でリフォームをするために無担保住宅ローンで2,000万円借入した場合には、無担保ですので1,500万円の担保評価があるのです。

では、どこでその担保評価を使うのかと言いますと「不動産を担保にお金を借りるとき」です。

自宅を担保にお金を借りるなんて怖いと思われるでしょうが、これは運用が出来る方に限られる住宅ローンと思います。
また通常の抵当権付き住宅ローンを利用されている場合にはほとんどがマイナス評価であり、自宅を担保に借入をすることが出来ません。
既に住宅ローンで担保提供しているので。

これは無担保住宅ローンのみが許された特権なのです。
会社経営者や自営業の方などは取り急ぎ必要な資金調達に不動産担保が使えるのです。
また将来会社を辞めて独立を考えている方は開業資金の調達に使えます。

他にもアパート経営の為に物件購入資金の調達などに使え、自宅を担保に中古アパートを現金購入し、その物件を担保に新たに不動産を現金購入・・・と手広くすることも可能ではあります。

ただ、注意点があります。
いくら不動産を担保に借入をするにしても金融機関は「借入債務状況」を把握していますので最終的には返済能力の有無も関係します。
当たり前ですが、お金を返済する能力のない方には結局お金を貸さないのです。

以上、少しでも参考になればと思います。

関連情報